【鴬谷 裸エプロン】ちか(48)Fカップ名器の明るい熟女♪

鴬谷 裸エプロン

忙しく仕事して終わった年末年始。
代休をもらったので平日の昼に鶯谷の熟女店、「裸エプロン」を利用してみることにしました。

女の子は、150cmの身長とFカップの巨乳熟女に惹かれて、ちか嬢を指名してみました!

11:00にお店へ電話しました。

【お店データ】

場所:鶯谷
総額:10,200円(70分コース+ホテル代2,200円)
フリー or 予約:予約
営業時間:10:00〜21:00
入店時間:1月6日12時20分頃入店
待ち時間:10分ほど
混み具合:予約のためなし

受付:「ありがとうございます。裸エプロンです。」
田中:「ちかさんで予約したいのですが~」
受付:「ちかさんですね。かしこまりました。何時のご利用ですかね?」
田中:「12:20頃からですね。」
受付:「大丈夫です。空いてます。お名前よろしいでしょうか?」
田中:「田中です。」
受付:「ご利用時間は何分でお取りしましょうか?」
田中:「70分でお願いします。」
受付:「70分ですね。それでは、ホテル入りましたらご連絡お待ちしております。」
田中:「は~い。」
受付:「ありがとうございます。」

予約が取れました!
鶯谷駅へ向かいました。

11:50 鶯谷駅北口着

鴬谷 裸エプロン

この日は、寒波の影響でめちゃくちゃ寒い日でしたが、鶯谷駅周辺や、ホテル街は人がちらほらいました。

鴬谷 裸エプロン

鴬谷 裸エプロン

駅周辺をブラブラして、12時にホテルへ。
ホテルは、クーポンが使えるおなじみシャーウッドです。
クーポンはカップルズというサイトから手に入れることができます。

鶯谷カップルズ

引用:カップルズシャーウッド

鴬谷 裸エプロン

鴬谷 裸エプロン

田中:「クーポン使って2時間でお願いします。」
受付:「はい。クーポン番号お見せいただけますか?」
田中:「はい。(スマホのクーポン番号の写った画面を見せました。)」
受付:「2,200円です。

鴬谷 裸エプロン

田中:「はい。(支払いました。)」
受付:「それでは、只今より2時間となります。」
田中:「はい~」

エレベーターに乗り部屋へ向かいました。

鴬谷 裸エプロン

12:06 ホテルの部屋からお店へ電話しました。

鴬谷 裸エプロン

受付:「はい。裸エプロンです。」
田中:「予約していた田中です。」
受付:「女性の方はどちらでしょうか?」
田中:「ちかです。」
受付:「どちらへ入られましたでしょうか?」
田中:「シャーウッドです。」
受付:「はい。それでは、15分程で着きます。」
田中:「はい〜」

待つこと約15分。
12:20 に部屋のチャイムが鳴りました♪

鴬谷 裸エプロン

【女の子】

ちか(48)さん B90(F) W61 H87 T151.cm

鴬谷 裸エプロン

引用:鴬谷 裸エプロン

嬢:「こんにちわぁ~(笑 ハッピーニューイヤー」
田中:「おめでとうございます。」
嬢:「おめでとうございます~♪ お正月どうでした?」
田中:「あっという間ですねぇ~」
嬢:「ははは(笑 何してたの?」
田中:「仕事ですねぇ。。今日寒いよね。」
嬢:「はい。」
田中:「え、酒?
嬢:「お年玉(笑 正月だからいいでしょうよ。

嬢は、缶ビールをバックから取り出し飲み始めました。

鴬谷 裸エプロン

嬢:「お酒飲めない人?」
田中:「飲めるよ。」

自分の分も買ってきてくれたので自分も飲みました。

嬢も自分もベットに腰掛けて、ビールを飲み始めました。

嬢:「正月中は、ここ来なかったの?」
田中:「来てないね。今日が今年初でね。」
嬢:「あ~、そうなんだぁ。」
田中:「もう仕事初めは済んでるんですか?」
嬢:「うん。仕事は、3日からだよ。
田中:「へぇ~」
嬢:「だいたい2日まではどこのお店も休みだねぇ。」
田中:「3日からお客さん来てたんですか?」
嬢:「来てたよ。今年は、やることなくって来たって人が多かったわねぇ。
田中:「暇してる人が多いんだね。」
嬢:「そうそう。コースは、70分ですね?」
田中:「はい。」
嬢:「8,000円になります。」
田中:「1万円しかないから、おつりある?」(1万円札を嬢に渡しました。)
嬢:「あるよ。けど、お年玉くらい置いてきなよ~(笑」
田中:「お年玉はなしだねぇw」
嬢:「はは(笑 あいよ。」(2,000円のお釣りをもらいました。)
田中:「今年の冬は特に寒いよねぇ~。」
嬢:「明日はもっと寒いらしいよ。東北方面は、大雪みたいだし。」
田中:「そうなんだ。」
嬢:「今夜は、厚着して寝ないとだよ。」

そう言うと、嬢は、お店へ電話しました。
嬢:「ご一緒しました。70分8,000円いただきました。お願いします~。」

田中:「かわいいねぇ。」

嬢は、服を着ていても分かるくらい巨乳でした。
服の上から嬢の胸を触りました。

嬢:「なつくな、なつくな。やりたいだけだろ~(笑
田中:「そんなことないよ(笑」
嬢:「ケータイ詳しい?」
田中:「多少は。」
嬢:「simカードがあるじゃん。これを別のケータイに入れたら使えるの?」
田中:「そのsimカードは、どこの会社のなの?」
嬢:「1つは、auでもう1つは、ソフトバンク。」
田中:「それだと使えないね~」
嬢:「ダメなんだ~」
田中:「白ロムじゃないとダメだね。」
嬢:「そうなんだぁ。。」
田中:「auのsimカードをソフトバンクの端末に入れても使えないね。」
嬢:「なんだ。。」


そんな雑談をしながらお互い服を脱ぎ裸になりました。
裸になった嬢は、大きな垂れ気味な巨乳を揺らしていました。
我慢できずに、嬢の胸を揉みました。

嬢:「もう手が冷たい~(笑」
田中:「いいじゃん~♪」

そう言いながら嬢とシャワー室に入りました。

鴬谷 裸エプロン

入室後にあらかじめ嬢が温水を出しっぱなしにしてくれていたのでシャワー室は、温められていました。
ベテランらしい気遣いで関心しました。

シャワーは、体を軽く洗う程度で5分程度で嬢と共にシャワー室から出ました。

嬢:「湿気が入るから、シャワー室のドア開けておくね。」
田中:「うん。」

嬢は、飲みかけのビールを再び飲み始めました。

嬢:「今何してるの?自分。」
田中:「営業みたいな仕事かなぁ。」
嬢:「へぇ~。いつから仕事するの?」
田中:「明日だね。」
嬢:「早いねぇ~」
田中:「早くないでしょ。3日から働いてたし俺。」
嬢:「そっか。営業だと出張とかないの?」
田中:「出張は、コロナだからないねぇ~」
嬢:「やっぱり。深夜風俗やってる友達もいるのね。」
田中:「うん。」
嬢:「深夜の風俗って出張のお客さんが多いんだって。だから緊急事態宣言がまた出るから死んだなぁってラインしたんだよ(笑
田中:「確かに、出張なんて今誰もしてないから、死ぬね。。それは。。」
嬢:「そうでしょ~。出張のお客さん相手だから、アパホテルとかよく行ってたんだって。」


そんな雑談をしながらビールを飲み終えたところで、嬢がプレイモードに入りました。

【サービス】

嬢:「ベットの真ん中移動して~

そう言われたので、ベットの真ん中で仰向けになりました。

嬢:「コンドーム使う?」
田中:「使いたくない。」
嬢:「うん。いいよ。うちの店よく来てるの?」
田中:「たまにかなぁ。10月頃に来た以来。」
嬢:「あんまり遊びにこないタイプなのかしら。忙しいのね。」

そんな話をしながら嬢は、仰向けになっている自分へフェラを始めました。
嬢のフェラは、じっくり玉から舐め始めました。

田中:「あ~、気持ちいわぁ~。Hは、好きなの?
嬢:「普通~。H好きなんでしょ?」
田中:「もちろん。」
嬢:「ははは(笑」
田中:「フェラ気持ちぃ~」

熟女らしく、ねっとりと丁寧に口いっぱいにチンコを加えてフェラしてくれました。
途中から、乳首をつねなれながらフェラをしてくれて、これが最高に気持よかったです。

田中:「あ~、すごいいいわぁ~。上手いねぇ~」
嬢:「ふふふ(笑 下手な人いるの~?」
田中:「いるよ~」

乳首をつねられなくなったと思うと、
今度は、嬢の口の中にたっぷりと唾液を含みジュルジュルと音を立ててフェラしてくれました。

嬢:「口の中がマンコみたいでしょ?
田中:「ははは。そうだねw」

そして、充分に勃起したところで、

嬢:「ちょっと待ってね。そのままだよ。」

と言い。
フェラを辞めて、枕元に置いてあったローションを取り出しました。

嬢:「ちょっと冷たいからねぇ~」

そう言ってチンコにローションを垂らしました。
ローションまみれのチンコを口に食わてのフェラが始まりました。
これもまた気持ちよかったです♪

ギンギンに勃起したチンコは、ローションと嬢の唾液でヌルヌルです。

嬢:「交代~♪ 私の上に来て~♪
田中:「正常位?」
嬢:「そうそう。

自分は、仰向けだった体を起こして、嬢が今度は、仰向けになりました。
そして、嬢は、濃いめの陰毛で包まれたマンコを開いていました。

嬢:「ゆっくり挿れてねぇ~

そう言われたので、ゆっくり正常位素股を開始しました♪

嬢:「うぅ~ん♪ 固いなぁ~

嬉しそうに笑顔で嬢が言いました。

嬢のマンコは、キツマンで締りがよく名器でした。
正常位素股開始から締め付けが強めで気持ちよかったです。

腰を動かすごとに、
嬢:「うぅう~」
と嬢が声を上げていました。

嬢:「あ~ん♪ 固ったいし、ぶっといし♪

キツマンなので、気持ち良いのですが、奥までうまく突くことができませんでした。

田中:「気持ちぃわぁ~」
嬢:「あぁ~ん♪」

腰を振りながら嬢とディープキスしました。
乳輪もやや大きめで、きれいなピンク色でした。

嬢:「あぁ~ん。」
田中:「出していい?
嬢:「いいよぉ~

嬢から許可が降りたので腰の振りを早めました。

田中:「イクね。」
嬢:「うん。あ~♪
田中:「気持ちい~♪ いっぱい出ちゃった。」(射精しました)
嬢:「出なかったらどうすんのよ~。すぐ抜いちゃだめよ。」
(そう言って、嬢は、ティッシュを取り出しました。)

奥まで突きたかったのですが、名器で穴が小さいので、すぐにいってしまいました。。
気持ちの良い名器です!

田中:「すごい締まりいいよね。言われない?
嬢:「言われる。もともと小さいんだよ。
田中:「そうなんだ。」
嬢:「だから、ちょっと乱暴に挿れられるとマンコが切れちゃうのよ。
田中:「そうなの?」
嬢:「そうよ。だから、穴が小さい女性とやるときは気をつけないとダメよ。
田中:「へぇ~。切れるって、血が出るの?
嬢:「血は出ないんだけど、皮膚が裂けたような感じかなぁ。血が出てないから男の人は大丈夫って思うじゃない。血が出なくても裂けてるのよ。
田中:「そうなんだ。。怖いね。」
嬢:「だから、挿れるときは気をつけなね。ゆっくり挿れてあげないと。」
田中:「いきなり挿れるとダメなんだ。」
嬢:「やばいよ。切れるのが分かるのよ。」
田中:「そういう時って痛いの?」
嬢:「痛いよ~。太くて固い方は気をつけた方がいいわよ。」
田中:「そうなんだ。切れたらどうやって治すの?
嬢:「軟膏とか塗るしかないよね。
田中:「そうなんだ。。」


そんな雑談をしつつ、1回戦を終えました。
まだ時間もあるのでマッサージを頼んでみることにしました。

田中:「マッサージできる?
嬢:「できない!
田中:「え~~。」
嬢:「逆に私にやってよ~」
田中:「ちょっとだけやって~」
嬢:「なんでだよ~。」

ベットにうつ伏せになり待っていると、
嬢は、嫌そうにしながらも肩のマッサージを開始してくれました♪

田中:「あぁ~、気持ちぃ~。常連さん多そうだね?」
嬢:「全然いないよ。」
田中:「そうなんだ。」
嬢:「今は、これだけお店があるし、値段も安いじゃない。だから同じ人に入るってよりもいろんな人と遊びたいって方が多いみたいよ。自分はどう?」
田中:「確かに、、同じ人はないなぁ。。」
嬢:「ほら、指名しないでしょ。」
田中:「そうだねぇ。鶯谷は、長いんですか?
嬢:「2年くらいになるかなぁ。
田中:「2年なんだ。意外と短いね。鶯谷の前はどこで働いてたんですか?」
嬢:「あっちこっち。」
田中:「東京以外の地方ってこと?」
嬢:「東京以外は無いわよ。」
田中:「東京のあっちこっちってことか。」
嬢:「そうよ。」
田中:「鶯谷ってお客さん来る地域なんですかね?」
嬢:「鶯谷って男の人の中では、有名でしょ?」
田中:「そうだね。」
嬢:「下手したら地方から鶯谷へ遊びに来る人もいるもんね。」
田中:「へぇ~」
嬢:「東京に旅行に来て、ついでに鶯谷で遊ぶ方もいるって聞くよね。」
田中:「そうなんだ。」
嬢:「はい。おしまい。ビール飲む。」

そう言ってマッサージが終わりました。
10分程度マッサージしてもらいました。

田中:「気持ちよかった~。いつもビール飲みながらなの?
嬢:「最近は、そうねぇ。正月入ってからはビール飲みながらだね~
田中:「へぇ~。タバコ吸う人?」
嬢:「吸うよ。」
田中:「吸っていいよ。」
嬢:「この部屋喫煙室じゃないもん。あ、換気扇回して風呂場で吸おう。」
田中:「いいよ。」

すると、嬢は、タバコに火を付けて風呂場でタバコを吸い始めました。

嬢:「前に、自分の精子飲む男いたよ。
田中:「うぇぇー。」
嬢:「中に出さないで、腹に外だししたのよ。そしたら、その精子を舐めたのよね。
田中:「なかなかの性癖だねぇ。」
嬢:「うわー!って声出しちゃったよ。
田中:「びっくりだよねぇ。。」
嬢:「会話してるだけだと全然普通の方だったんだけどねぇ~」
田中:「プレイもそれ以外は普通なんだ。」
嬢:「うん。プレイの最後だけ急にそんなことしだすから驚いたわよ。。」

1,2分ほどでタバコを1本吸い終えた嬢は、ベットに戻ってきました。
ベットに腰かけながら嬢と雑談をし始めました。

鴬谷 裸エプロン

田中:「いい体だよねぇ。」(そう言いながら嬢のマンコを触りました。)
嬢:「下はダメだよ。精子でベタベタだから。」
田中:「もう1回やりたい~
嬢:「やっぱりな。70分コースは、1回だけですよ。
田中:「えぇ~。」
嬢:「残念ねぇ。今度から90分コースとって。そうすれば2回できるから。もうひとり呼べば?」
田中:「そんなぁ~」
嬢:「また次回おいで。」
田中:「そっかぁ~。いいおっぱいしてるのに残念。。」(嬢の胸を触りながら)
嬢:「垂れ具合がいいんでしょ?」
田中:「おっきいじゃん。若い頃は、モテたでしょ?」
嬢:「まぁ、モテたねぇ。」
田中:「乳首きれいだよねぇ~」
嬢:「そう~?」

嬢の胸は垂れているものの、乳首は、きれいな薄ピンクをしていました。

田中:「お客さんは、どれくらいの年齢層が多いの?」
嬢:「30代後半以上の方が多いかなぁ。」
田中:「へぇ~。」
嬢:「若い子だと気を使うのが嫌みたいな方も多いよねぇ。おばさんにも気を使えよって思うけど(笑
田中:「確かにねw」
嬢:「おばさんにも気を使わなきゃダメよねぇ~(笑

そんな会話をしていると嬢の設定したタイマーが鳴りました。
時間のようなのでシャワー室へ嬢と向かいました。

シャワー室では、嬢に体を軽く洗ってもらいました。
嬢より先にシャワー室から出ました。
先に服に着替え始めました。

2,3分後に嬢もシャワー室から出てきました。

田中:「おっぱいでかくてきれいだよねぇ~」

シャワー室から出てきた裸の嬢を見てつい言ってしまいました。
小柄な巨乳熟女というイメージ通りの嬢でした。

嬢:「ありがとう~」
田中:「締まりもいいからすぐイッちゃったよ。」
嬢:「はは(笑 今度は、おかわりコースでいかが?(笑」
田中:「おかわりコースってなんなの?」
嬢:「女の子が一人来て、また次に女の子が来るのよ。」
田中:「へぇ~。使ってる人いるの?」
嬢:「いるよ~」
田中:「そうなんだ。70歳超えるような高齢の方もいるの?
嬢:「いるよ~、ただコロナが流行りだしてからは1度も見てないわねぇ。
田中:「自粛してるんだ。」
嬢:「たぶん。最近見ないねぇ。」
田中:「お客さんは、40,50代が多いの?」
嬢:「そうねぇ。」



そんな話をしながら嬢は、服を着替えました。

服に着替え終えた後も、嬢は、ビールを飲みながら世間話をしていました。

鴬谷 裸エプロン

70分コースでしたが、90分くらい嬢は、部屋にいました。

田中:「酔っぱらってる?」
嬢:「大丈夫よ。ははは(笑」
田中:「酔っぱらってるでしょwww」
嬢:「ごめんね、付き合わせちゃって。」
田中:「平気だよ。」
嬢:「今度またゆっくりしに来て。」
田中:「そうね。」
嬢:「また遊びおいでね。嫌なことあったときとかね。」
田中:「は~い。」
嬢:「じゃぁね~」
田中:「ありがとうね~。」
嬢:「こちらこそありがとうございました~」

13:50 部屋から出ていきました

13:55 自分も部屋から出ました。
エレベーターに乗り受付へ向かいました。

受付:「ありがとうございます。ご請求ございません。」
田中:「はい~。」

14:00 に鶯谷駅から帰路に着きました。

鴬谷 裸エプロン

【まとめ】

Fカップ巨乳と締りの良い名器。
そして、明るく話しやすい熟女で満足できました♪
締りがいいのであっという間にフィニッシュしてしまったのが後悔です。。

【5段階評価】

総合満足度:3.5
費用対満足度:3.5
ボーイさん:3
女の子ルックス:3.5
スタイル:4
サービス:4
嬢の印象:巨乳、名器、明るい、話しやすい、フェラ上手い
写真とのギャップ:特になし

【PS】

鶯谷では、一番の安さを誇る裸エプロンですが、80分1万円に値上げされていました。。
※以前は、80分9,000円

鴬谷 裸エプロン

引用:鴬谷 裸エプロン料金システム

70分コースは、8,000円のままですがこちらも値上げされそうなので、今のうちに楽しもうと思います!

最新記事がすぐに読めます!
メールアドレスをご登録いただくと更新通知を受け取ることができます。
最新の記事をすぐに読むことができます!


 

「Subscribe」を押すと登録確認メールが届きますのでご確認ください。
※届いていない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。
解除したくなったら、「Unsubscribe」を押すと解除できます。


※管理人的には、読んでほしい記事

コメントする

CAPTCHA