【鶯谷 おはじき】涼子71歳Dカップ高齢熟女キツマン

鶯谷 おはじき

ネットの評判を見ていると、涼子さんという評判のよい熟女さんを見つけました。

71歳と田中自身だと今までで一番高齢の熟女さんです。
アナルもokのようで相当なスケベさんだと予想しています。

71歳の熟女さんってどんなマンコなのか?
外観ももちろん、中に入れた感触も気になってしょうがなくなってしまいました♪

涼子さんはおはじきという鶯谷のデリヘルに所属しているようです。
柘榴という鶯谷のデリヘルにもきょうこという名前で在席してるようです。

柘榴だと即尺とコスプレが別料金のようなので、今回はおはじきを利用することにしました。

おはじきの涼子さんのプロフィールにも人気で事前予約が必要だと記載がありました。

鶯谷 おはじき

【お店データ】

場所:鶯谷
総額:11,200円(60分コース+ホテル代2,200円)
フリー or 予約:予約
営業時間:10:00〜20:00
入店時間:3月10日14時00分頃入店
待ち時間:20分ほど
混み具合:予約のためなし

ちょうど午後暇だったので、当日でしたが朝10時に予約の電話をしてみました。

受付:「お電話ありがとうございます。」
田中:「予約したいんですが」
受付:「はい。」
田中:「涼子です」
受付:「はい。大丈夫ですよ。」
田中:「14:00からでお願いします。」
受付:「お時間は?」
田中:「60分で」
受付:「お名前は?」
田中:「田中です。」
受付:「はい。田中さん、13:00に確認のお電話お願いします。」
田中:「はい。」

無事に予約が取れました♪
受付の方は女性でハキハキと話す方でした。

13:00 に確認の電話をいれました。
が、何度お店の電話番号にかけてもでません。。

すると別の番号から電話がありました。
田中:「もしもし〜」
受付:「涼子さんですよね〜」
田中:「はい。確認の電話でかけました。」
受付:「は〜い。14:00からですよね?」
田中:「はい。」
受付:「は〜い。」

慌ただしくもとりあえず確認の電話を終えました。

13:30 鶯谷駅に着きました。

鶯谷 おはじき

14:00 まで時間があるので平日昼間の鶯谷駅周りを散歩してみました♪
すっかり暖かくなったからなのか、駅前やホテル街に人が多くいました。

鶯谷 おはじき

今回もホテルは鶯谷のシャーウッドにしました。

鶯谷 おはじき

クーポンはカップルズというサイトから手に入れることができます。

鶯谷カップルズ

引用:カップルズシャーウッド

13:55 ホテルの受付へ

鶯谷 おはじき

受付:「お時間いかがなさいますか?」
田中:「クーポンで2時間で~」
受付:「はい。クーポン番号見せていただけますか?」
田中:「はい。(クーポン番号をスマホで見せました)」
受付:「はい。2,200円です。
田中:「はい。(支払いました)」
受付:「チェックアウトのお知らせはしておりません。いってらっしゃいませ〜」

14:00 部屋へ入りました。

鶯谷 おはじき

鶯谷 おはじき

お店へ電話しました。
が、なかなかでず…

少しすると折り返しがかかってきました。

受付:「もしもし〜」
田中:「はい。」
受付:「どちらへお入りですかー?」
田中:「シャーウッドです。」
受付:「はい。15分から20分お待ち下さい~」
田中:「はい〜」

嬢が来るまでに時間があるため、先にシャワーを浴びました。

シャワーを浴びで全裸になっていると、隣の部屋から女性の喘ぎ声が大きく響いていました。
最高にエロくてギンギンになっていいました♪

14:30 部屋のチャイムが鳴りました。
嬢が来ました。

鶯谷 おはじき

【女の子】【サービス】

涼子(71)さん B85(D) W58 H85 T154cm

鶯谷おはじき

引用:鶯谷おはじき

嬢:「すみません遅れちゃって。部屋を間違えたみたいで、」
田中:「そうだったんですね。」
嬢:「すみません。」
田中:「いえいえ。」
嬢:「よろしくお願いします〜。早速ですがここでご挨拶してもいいですか?」
田中:「はい。」

そう言うと嬢が顔を近づけキスをしました。
そして、そのまま仁王立ちフェラをはじめました。

嬢:「う~ん♪
田中:「気持ちぃ〜♪」

出会ってから1分もしないうちにフェラされるのは、興奮しますねぇ〜
20秒ほどフェラをしてくれました。

嬢:「ごめんねぇ、口紅今日ぬってなくて」
田中:「大丈夫ですよ〜」
嬢:「着くのも遅くなっちゃって、お時間のほう大丈夫ですか?」
田中:「はい。大丈夫です。」

ほんわかした優しそうな熟女さんでした。
スタイルもよくお腹もややでているくらいでした。

田中:「何歳なんですか?」
嬢:「最初に年齢聞くんですか〜笑 今日は1時間ですね?」
田中:「はい。」
嬢:「お願いします〜 60分だと1回だけなんですがよろしいですか?
田中:「はい。60分で。たくさんしたいですが笑」
嬢:「そうなんですよ。90分なら何回でもいいんですけどね。9,000円ですね。先にお代頂戴してもよろしいでしょうか?」
田中:「はい。」
嬢:「いいですか~、すみませんねぇ。」
田中:「はい。(1万円渡しました。)」
嬢:「はい。1万円からで。」
田中:「はい。」
嬢:「今日はお休みなんですか?」
田中:「はい。午後から休みなもんで」
嬢:「はい。すみません、ありがとうございます。(嬢からおつりの1,000円を受け取りました)」

そういうと嬢は、掛け持ちしているお店へラインを送りました。
たくさん掛け持ちしてるようで1,2分スマホからラインを送っていました。

暇なので服の上から嬢のお尻や胸を揉んでいました。
嬢:「触ってて〜

一通り触り終えたので、嬢の背中のファスナーを開けてみました。
嬢:「それはずしても抜けないのよね、手から脱がないとね笑」

嬢が掛け持ち先に連絡している間に、ブラジャーの中に手を入れて胸を直で揉みました。

嬢の胸は、とろとろでやわらか〜いもみ心地でした♪
乳首は、細めでした。

嬢:「ごめんなさいね、連絡してて。いろいろ触られてるから興奮しちゃいますねぇ♪」

そう言われたので、パンティーの中に手を入れてマンコもいじってみました。
手マンしましたが濡れてはいませんでした。

嬢:「やっとできました」

一通り掛け持ち先への連絡を終えたようです。

嬢:「脱ぎますか〜」

そう言うと嬢がブラジャーを外しました。

田中:「おっぱいが綺麗でいいですねぇ~」
嬢:「そうかしら?ありがとうございます。」
田中:「何カップですか?」
嬢:「DかEかな〜

嬢の胸は、ややシワがありましたが美乳でした。
嬢も服を脱ぎ終えて裸になりました。

嬢:「お風呂にお湯入れてきましょうか?」
田中:「はい。」
嬢:「ちょっと待っててくださいね~」

そういうと嬢は、お風呂にお湯を張りました。
これから、お風呂に入るのでしょうか?
お風呂にお湯を張る嬢は初めてです。

戻ってくるとまた、20秒ほど仁王立ちフェラをされました。

田中:「ぁあぁ〜、気持ちぃ~」
嬢:「うぅ~ん楽しみです♪では、ベッドの方に〜」
田中:「はい」
嬢:「せっかくのお休みなのに遅れてしまって時間無駄にしてしまいました。」
田中:「いえいえ。」

そう言って嬢とともにベッドへ移動しました。

田中:「オマンコ見せて〜」
嬢:「今から〜笑」

嬢は、照れつつも体勢をシックスナインにしました。
嬢がフェラをはじめました。

嬢のマンコは、ピンク色で綺麗でした。
もっとどす黒くなってると思ったのですがそうではありませんでした。
足の付け根にイボのようなものがありました。

クンニしてみました♪

嬢:「しょっぱいからね~
田中:「オマンコ綺麗ですよ~」
嬢:「そう〜?」
田中:「はい。おっぱいも綺麗でしたし。」

嬢の膨張したクリトリスを舐めてみました。

嬢:「や〜ん♪

と、優しいやらしい声を上げていました。

嬢:「感じちゃうの♪ 汚いから舐めなくていいのよ
田中:「シャワー浴びたんでしょ?」
嬢:「朝入ったけどもう昼過ぎですもん。今日は田中さんが初めてのお客さんなんですよ。
田中:「あ、初めてなんですね。」
嬢:「そうなんですよ~」

と言われたものの、クンニをたくさんしました。
途中から指入れもしてみました。

嬢:「あぁ~ん♪

指入れで嬢は、感じているようでしたがマンコは、乾いたままでした。

田中:「Hは、好きなんですか?」
嬢:「多分ねぇ〜。田中さんは?」
田中:「大好きですよ笑」
嬢:「笑」
田中:「乳首も舐めてもらえますか?」
嬢:「いいですよ。」

そう言って嬢がシックスナインの体勢を辞めました。
仰向けでいると、嬢が乳首舐めをはじめました。

田中:「あぁ~気持ちぃ〜」

嬢は、丁寧に乳首舐めしてくれました。

ギンギンに勃起したので挿れたくなりました。

田中:「チンチン挿れたい〜♪」
嬢:「お風呂いきましょうか?せっかくだし。1回でちゃったら終わっちゃうから
田中:「そうですね。」
嬢:「行きましょう〜」

嬢がお風呂場でのプレイがしたいようです。
言われるがままにお風呂場へ移動しました。

鶯谷 おはじき

お風呂場の浴槽には、お湯が溜まっていました。

嬢:「ぬるくないかしら?」
田中:「大丈夫ですよ」
嬢:「じゃあ、このまま入っちゃいましょうか?」
田中:「はい。」

そう言われ、嬢と二人で狭い浴槽に入りました。

嬢:「少し足を外に出して腰を上に上げてもらえますか?」
田中:「こうですか?」
嬢:「はい。」

チンコをお湯の上に突き出したような体制になりました。
すると、嬢がローションを口に含みました。
そして、フェラをはじめました。

田中:「あ〜気持ちぃ〜」
嬢:「かわいいおチンチン〜♪」

そういうと嬢は、勃起したチンコで頬ずりしました。

ヌルヌルとした口の中のローションが未知の感触で、気持ちよかったです。
そして、お尻を浮かせるとアナルも舐めてくれました♪
フェラとアナル舐めでギンギンに勃起しました♪

嬢:「次はね〜、お風呂から出てもらって」
田中:「出るんですか?」
嬢:「はい。ここ(お風呂のふち)に腰掛けてもらえる?
田中:「はい。」

そう言われ、お風呂からでて裸のままでお風呂のふちに腰掛けました。
すると、嬢が体にローションを塗り抱きしてめきました。
嬢のやわらかい胸とローションのヌルヌルで心地よい感触の密着でした♪

田中:「気持ちぃ〜」
嬢:「ほ〜ら、おチンチンも固くなってきててねぇ〜
田中:「ヌルヌルで気持ちよくて♪」

その後も嬢と抱きしめ合い嬢の胸とローションの肌触りを楽しみました♪

デリヘルで、こんなお風呂プレイ初めてです〜

嬢:「もっとお風呂が大きければいいんですけどね〜 ここに手をついてもらっていい?
田中:「はい。」

洗面所を目の前に手をついておしりを嬢に向けました。

嬢:「そう、それで、鏡見てて〜」

そういうと、嬢がアナル舐めを始めました。

田中:「あぁ〜、気持ちぃ〜♪」
嬢:「襲っちゃうわぁ〜♪
田中:「あぁ〜いぃ〜♪アナルが気持ちぃ〜」

舌でガンガンアナルをほじってくるドリルアナル舐めでした。
とても気持ちよかっです♪

そして、アナル舐めが終わるとフェラになりました。

嬢:「この片脚をお風呂のふちに上げてもらっていい?」

はい。Y字バランスのような体勢になりました。
フェラが始まりました。

田中:「気持ちぃ〜」
嬢:「う〜ん。固くなってるよ〜。ここでしちゃう?ベッドにする?
田中:「ここでしたいです。」

そういうと嬢がフェラを辞めました。
嬢が洗面所に手をついておしりを突き出しました。

田中:「ここかな?」
嬢:「あ〜、入っちゃったぁ♪

立ちバックの体位で嬢のマンコを堪能しました♪

嬢:「あぁー、抜けちゃった。」
田中:「ちょっと風呂場がせまいですね笑」
嬢:「ベッド行こうかしら?
田中:「ですね〜」
嬢:「一度お風呂へどぼっと体入っていただいて」
田中:「はい。」

お風呂に浸かると嬢が体についたローションをタオルで落としてくれました。

お風呂から出てベッドへ移動しました。
ベッドで仰向けになっていました。
1分程して嬢もベッドへ来ました。

嬢:「田中さんは、独身なんですか?」
田中:「はい。独身ですよ〜」
嬢:「独身貴族もいいわねぇ笑 お金も使えるし」
田中:「家庭持ちなんですか?」
嬢:「もういないわ笑」

そんな会話をしながら嬢は、乳首舐めをはじめました。
そして、お腹から太ももまでたっぷり舐めてくれました。

そして、フェラが始まりました。
嬢のフェラは、ゆっくりと亀頭を口に含み舌で優しくチンコを包み込んでくれました♪

田中:「あぁ〜、気持ちよくて、あぁ〜」
嬢:「ぶっとくなってる〜
田中:「気持ちぃの〜」
嬢:「挿れちゃう?
田中:「うん。正常位でいい?」
嬢:「正常位がいいの?」
田中:「うん。」
嬢:「ワタシが下になるわね」

そう言って嬢が股を広げて仰向けになりました。
正常位素股が始まりました。

嬢:「ちょっと明るいわねぇ〜」
田中:「恥ずかしいの〜?」
嬢:「恥ずかしいわ笑

部屋のカーテンを薄めにしていたので嬢のマンコがはっきり見えて興奮しました♪

鶯谷 おはじき

田中:「チンコほしいの?」
嬢:「うん♪
田中:「ちょうだいっていって。」
嬢:「ここにちょうだい〜♪

そういって、嬢がきれいなピンク色のマンコを手で広げてささやきました♪

嬢:「あぁ〜、ぶっとい〜
田中:「バイブも使っていい?」
嬢:「こんないいおチンチンなのにバイブなんていらないわよ」
田中:「だめ?」
嬢:「いいわよ」

そう言われたので「テンガ SVR」を使いました。

正常位素股しながら、嬢のクリトリスに「テンガ SVR」を当てました。

嬢:「やるなら、強さはmaxにして〜
田中:「maxがいいの?」
嬢:「うん♪」

スケベそうな顔で嬢がそう言いました。
テンガ SVR」の強さをmaxに変更しました。

嬢:「あぁ〜、それ気持ちぃ〜」
田中:「気持ちぃねぇ〜、俺も気持ちぃ〜」

正常位素股とクリトリスへのバイブ当てで嬢が大きな声を上げました。
嬢:「ぁああー!あぁ

ただでさえ、キツキツの嬢のマンコがよりキツマンになり気持ちよかったです♪

田中:「いきそう、イク〜(射精しました)」
嬢:「すごい勢いで出てきてる、ドックドクしてる〜気持ちぃ〜

正常位素股開始2分ほどでイッてしまいました。
嬢のマンコはキツキツのキツマンでした。
奥までずぼっと入らず中途半端な形での中出しになってしまいました…

マンコの割れ目から精子がトロ~リ垂れていてやらしい姿でした。

田中:「いっぱいでちゃったねぇ」
嬢:「いっぱいでたねぇ笑 気持ちよかったねぇ~」
田中:「うん。シャワーで体流してきますね。」

そう言ってシャワーを浴びました。
嬢と入れ替わりでシャワーを浴びました。
少しすると嬢もシャワーを浴びて出てきました。

嬢:「気持ちよかったです。ありがとうございます~」
田中:「もう時間ないですかね?」
嬢:「まだありますね、なんかしましょうか?
田中:「マッサージできます?」
嬢:「うん。いいですよ。」
田中:「鶯谷長いんですか?」
嬢:「短くはないですねえ~、あと15分ありますね。どこからやりましょう?」
田中:「肩からでお願いします。」
嬢:「はい。」
田中:「コロナでお客さん減ってるんですか?」
嬢:「そうですねぇ、それでも来てくださるお客さんはいらっしゃいますねぇ。」

そう言うと嬢がマッサージをはじめました。

嬢:「私、最近鼻の骨折っちゃったのよ〜
田中:「えぇ〜」
嬢:「自転車に乗ってて転んじゃって、指の骨も折れちゃったのよ。」
田中:「今は治ったんですよね?」
嬢:「うん。でも鼻のここがぺちゃんこでしょ。(そう言って嬢が鼻を指差しました)」
田中:「そうですねぇ。へこんでますね。」
嬢:「でしょ~。」
田中:「顔から怪我したんですね。」
嬢:「そうなの。いっぱい血もでちゃったのよ。」
田中:「大変でしたねぇ。。その時は、急いでたんですか?」
嬢:「そうですねぇ。疲れてたのもあるかも。」
田中:「けど、元気ですよねぇ。今70歳ですもんね?」
嬢:「そうですねぇ。私の年代は元気な方多いですよ。団塊の世代ですから。
田中:「あぁ~、確かに。」
嬢:「お店のページで私年齢いくつになってましたか?」
田中:「71歳ですね。」
嬢:「そうよね。前は、68歳で止まってたから変えてってお店に頼んだのよね~
田中:「正直ですね笑 体力落ちませんか?」
嬢:「落ちますよ~。40代、50代、60代と徐々に落ちてきますよ。」
田中:「そうなんですねぇ~」
嬢:「骨密度も低くなっちゃうし、転びやすくもなるのよ。体幹が弱っちゃうのよね。体幹は大切ですよねぇ。」
田中:「へぇ~。どんなお客さん多いんですか~?」
嬢:「いろいろですねぇ。年齢も。」
田中:「へぇ~」
嬢:「田中さんの世代だと100歳まで生きれるんじゃないんですか?」
田中:「そうですかねぇ。お姉さんも長生きしそうじゃないですか。」
嬢:「私は、いつ死んでもおかしくないよね笑」
田中:「えぇ~笑 そうなの笑」
嬢:「ゆくえのしらぬ命ですよ。ボケてきてるのか物忘れも激しのよ~」
田中:「そうですかねぇ。休みあるんですか?」
嬢:「毎日働いてるんですよ。
田中:「へぇ~」
嬢:「ほとんど毎日ですね。予定がない限りは。」
田中:「そうなんですね。趣味とかないんですか?」
嬢:「お花かしらねぇ。」
田中:「へぇ~、深夜まで出勤してますよね。」
嬢:「そうなんですよ。ずっと出てるんです。
田中:「疲れません?」
嬢:「疲れますよ~」
田中:「深夜でもお客さん来ますか?」
嬢:「来ますねぇ~」
田中:「へぇ~。酔っ払いとかですか?」
嬢:「酔っ払ってる方はいませんねぇ。」
田中:「そうなんですねぇ。深夜2時に終わるってこともあるんですか?」
嬢:「ありますよ。」
田中:「すごいですねぇ。次の日も朝早いですよね。」
嬢:「そうなんですよ。鬼出勤で笑
田中:「それでも休まないんですね。」
嬢:「そうだね。用事がない限りは。中抜けしたりとかはしますよ。性病の検査もしなきゃですし。
田中:「性病の検査してるんですね。」
嬢:「毎月しなきゃいけないのよ。
田中:「ちゃんとやってるんですね。」
嬢:「事務所で決まってるんですよ。」
田中:「へぇ~。検査結果提出するんですか。」
嬢:「はい。自費なんですけどね。
田中:「自費なんですね。」
嬢:「自分のためでもありますしね。」


そんな会話をしてマッサージをうけました。
正直マッサージは下手でしたが丁寧にやってくれました。

時間となり、お互いにベットから立ち上がり服に着替え始めました。

嬢:「今日は、これからどうされるんですか?」
田中:「家へ帰りますねぇ~」
嬢:「今日は指名していただいてありがたかったです。」
田中:「いえいえ。ありがとうございました。忙しいんですか今は?」
嬢:「そうですねぇ。普通ですねぇ。コロナの最初の頃は、お客さん減りましたけど5月くらいからは戻りましたねぇ。


そんな会話をして服に着替え終わりました。

嬢:「お店にラインしますね。」
田中:「はい~。お水持ってかれます?冷蔵庫にサービスで2本あるんですよ。」

鶯谷 おはじき

嬢:「いいんですか?」
田中:「はい。どうぞ。」
嬢:「ありがとうございます。」
田中:「今日は、お風呂プレイはじめてでとても良かったです。」
嬢:「そうですか。せっかくお金も頂いてますし気持ちよくしたいですし。」
田中:「お風呂プレイはどこかで学んだんですか?」
嬢:「最初の事務所で教えてもらったことを今でもやってるんですよ笑
田中:「そうなんですね。」
嬢:「考えたのは私じゃないんですよ笑 ソープランドに務めていたわけでもないですしね。
田中:「ローションプレイが上手で、ソープランド経験あるのかなぁと思ってました笑」
嬢:「違うんですよ笑」
田中:「お風呂が大きめのところで指名したほうがより楽しめますね。」
嬢:「そうですね。そのほうがお風呂でやりやすいですね。
田中:「今日は、こんな小さいお風呂ですみません。」
嬢:「いえいえ。小さいお風呂でも楽しめますし笑 ラインで連絡できました。どうもありがとうございました。」
田中:「は~い。」
嬢:「また、よろしくお願いします。お元気で~」
田中:「は~い。」
嬢:「お水ごちそうさまです。」
田中:「は~い。」
嬢:「ありがとうございます~♪」

15:40 嬢が部屋から出ました。

15:45 自分も部屋から出ました。
ホテルの受付へ向かいました。

田中:「はい。(カードキーを受付に渡しました)」
受付:「ご請求書ございません。ありがとうございます。」

鶯谷駅から帰りました。

鶯谷 おはじき

【まとめ】

優しい性格でとにかくなんでもしてくれました。
お風呂を使ったヌルヌルプレイは気持ちよくて興奮しました。
広めのお風呂の部屋のほうがより楽しめると思いました。
Sっぽいプレイをしたい方にもオススメです。

【5段階評価】

総合満足度:4
費用対満足度:3.5
ボーイさん:3
女の子ルックス:4
スタイル:4
サービス:4.5
嬢の印象:献身的、優しい、M
写真とのギャップ:なし


最新記事がすぐに読めます!
メールアドレスをご登録いただくと更新通知を受け取ることができます。
メルマガ会員のメリットは、コチラから
最新の記事をすぐに読むことができます!


 

「Subscribe」を押すと登録確認メールが届きますのでご確認ください。
※届いていない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。
解除したくなったら、「Unsubscribe」を押すと解除できます。


※管理人的には、読んでほしい記事

コメントする

CAPTCHA